中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリー

できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、一概には言えないところがあります。だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、相場を知って買い叩きを回避するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。目的が達成できるのでしたら、2、3社でも十数社でも構わないでしょう。中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は基本的には2つしかありません。ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低めの査定額になるのは否めません。あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。複数の会社が競いあうことになり、高値になる傾向があります。中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、客観的な価格決めを行うわけです。比重の大きなチェックポイントは、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。熟練の営業マンが逐一チェックしますから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、バレずに済むはずがありません。時間に関係なく気が向いた時にできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額を手に入れることができるので、比較検討が格段にラクになります。ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、深夜でも電話対応している業者から突然、電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。買取対象となる車を業者が査定する際は、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。中でも減点対象としてはずせないのは外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、却って減点が大きくなる場合もあります。修理知識と実務の経験があるのなら問題ないのですが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。年間走行距離数はおおよそ1万kmが標準といわれています。そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてゼロ円査定などという可能性もあります。それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。走行距離数が年式の割に極端に短いと、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、ノーマルの状態に復帰してから査定してもらうほうが良いです。ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は一般的に高値がつくからです。他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、業者が見逃すことを期待しているのです。ただ、そんな儚い期待を抱くより、天気や時間帯を気にせずなるべく多数の業者から見積りをとるほうが良いのです。査定金額には有効期限がありますし、誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。所有者が絶対に中古車査定の際には立ち会う必要があるなどとする規定は聞いたことがありませんが、本人不在で起こりうるトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも本人が査定に立ち会う方が良いです。たちの悪い業者だと、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、わざと車体に傷を作るといった違法な手法で買取値を安く下げようとした例もあります。車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして何年落ちといった言い方をするものです。その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。売っても儲けは僅かでしょうが、購入者視点で考えるとその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

エスティマ 買取相場 比較